ザガーロと従来の薬の比較

プロペシアとザガーロの副作用で比較

副作用に関して比較してみると、プロペシアを使用した患者のうち、副作用の発現率は4.0%程度といわれています。性欲の減退や勃起機能の不全、倦怠感、肝機能障害などが代表的なものですが、薬の服用を止めることでこれらの症状はすぐに改善され、一般的な薬と比べても発現率は非常に低くなっています。一方、ザガーロを使用した場合には、プロペシアよりも発症率が高いといわれてはいるものの、全くの同条件で調査を行ったわけではなく、同時に行ったフィナステリドの投与試験と比較してもほぼ同程度の発現率であったことから、実際には大きな違いはないと考えられています。副作用の内容はプロペシアと酷似しており、服用を中止することで回復する点も同様です。元々前立腺肥大症の治療薬として使われていたことからも、安全性については特に問題はないと考えてよいでしょう。 実際の効果としては、部位に関係なくこれらの薬を投与してしばらくのちに測定した結果、本数の比較で、ザガーロの方がプロペシアに比べて1.5倍近く効果があったといわれています。本数が増えただけでなく、髪の毛の太さも実際に大きく変化しており、抜けにくい髪質になっています。実際、髪が細くなりすぎて抜けたり薄く見えるという人も多いため、実感できる効果は本数以上です。

AGAの新薬の効き目や効果 プロペシアとザガーロの副作用で比較 今後はザガーロが安全性などで中心的に